2021年になってからビットコインが爆上げしてますね。

先日約5万ドルまでいったので本当に瞬間風速でものすごい上昇でした。

 

Filecoinは安値の20ドル程度をしばらくウロウロしていましたが、一気に50ドルをつけてきました。こちらは4時間足チャートですが、24ドルから一気に50ドルまで上昇してきているのがわかります。

Filecoin,ファイルコイン

今は40ドル手前まで調整してきていますが・・・、

この後どちらに動くかはわからないですが、Filecoinは長期投資が基本なので目先の価格にどうこう言うつもりはないのですが、もしかしたら20ドルで購入出来ることはもうないかもしれないですね。

 

私は、ファイルコインは長期投資で見ているのでファイルコインマイニングでリスクを抑えながら枚数を増やしています。

しかも「FILPOWER」なら3年間で1FIL約2,000円で手に入れることが出来ます。

マイニングの参加プランはこちらですね。

Filecoin,ファイルコイン

一番安価なブロンズ84,700円でもFIL保証枚数40枚です。これは、3年間のマイニング期間で保証枚数が掘れなかったとしても最低貰える(保証されている)枚数になります。

 

もちろん、保証枚数よりも多く掘れたら多く貰えます。

 

高価な上位プランになればなるほど、保証枚数の1FIL単価が下がってお得です。

ファイルコインの価格が上がってきたので「FILPOWER」の料金プランももしかしたら近々見直しが入る可能性ありますね。

 

私が「FILPOWER」の運営なら各プランの料金アップします。

 

だから、FILECOINのマイニングになるべく早く参加したほうがいいと思います。

 

FILPOWERは、日本円、ビットコイン、イーサリアム、テザーの4種類の通貨で参加出来ます。日本円でも参加できるのはいいですね。

 

ファイルコインのマイニングはまじまったばかりです。

総発行枚数20億枚に対してまだ2%の5000万枚程度しか発行されていません。

「FILPOWER」のマイニングプランは、今のFIL価格の半額で貰えるのもありまさに先行者利益です。

 

少し話が変わりますが、先日、別のマイニング案件で配布される暗号通貨がある取引所での上場廃止が決定しました。この発表を受けてその暗号通貨が1/10以下に大きく下落しています。

 

その通貨の取り扱いのある取引所がほぼないので今後、換金出来る可能性はかなり低いと思っています。もともと怪しさ満点の案件なのでついにきたかという印象はあるのですが・・・。

 

ファイルコインの場合、上場当日に多くの取引所が取り扱いを開始しました。これはあまりないケースですし、いかにファイルコインの期待度が高いかということがわかります。

 

それならなぜいままでファイルコインの価格が上がらなかったのか、

ビットコインやイーサリアム、ADA、ドージコインまで上がってきているのにこの暗号通貨全体の上昇の波に乗れなかったのかというと、

ファイルコインのマイニングの仕組みでマイニング業者は担保FILを確保しておかないといけない、制約が厳しいなど技術力がない小手先のマイニング業者は倒れていっています。ファイルコインマイニングは非常に難しく厳しい・・・。

 

今はストレージマイニングだけなのでマイニング出来るFIL枚数が非常に少ないですが、今後リトリーブやブロック報酬など新たなマイニングの仕組みが解放されていけばマイニング出来るFIL枚数も増えていきます。

 

ファイルコインはまさにこれから、そして今参加すべきなのがファイルコインマイニングです。

 

 

おすすめの記事