高利回りのP2P案件で人気のエクスカシーファームが2020年12月5日〜15日まで緊急メンテナンスを行うことになりました。

 

事前アナウンスも一切ない状態で緊急的に長期間のメンテナンス実施により、「まさか飛ぶ準備に入ったのではないか!」という憶測が飛び交っています。

 

エクスカシーファーム(旧アニマルファーム)は、架空のキャラクターを購入し、4日〜10日程度保有しておくだけで12%以上高く売れるという個人転売案件です。

 

転売と言っても、決められた数種類のキャラクターを選んで保有しておくだけで、システムが勝手にマッチングしてくれるから転売スキルはほぼ不要です。副業としても稼ぐことが出来るため2020年6月頃から話題のP2P案件です。

 

エクスカシーファームで月100万円以上稼ぐことも出来る人が続出し話題になっていたのですが、何の連絡もなしに急な長期間メンテナンスとなりました。

 

果たしてエクスカシーファームが復活するのか、取引再開となるのか気になるところです。このまま、取引停止になれば保有しているキャラクターは買い損になってしまいます。

エクスカシーファームは取引再開となるか?

長期の緊急メンテナンスを実施し、2020年12月15日、もしくは16日に正常に取引再開となるかが注目ポイントです。メンテナンスがさらに長引けば長引くほど参加者の不安が増大していきます。

 

エクスカシーファームが飛ばずに取引再開する可能性も十分にあると思います。しかし、今回の長期のメンテナンスは事前告知をせずに急に行ったこと自体大きな問題点でもあります。

 

事前連絡もなしに急に長期メンテナンスに入るのは、参加者を軽視した行動だと思います。海外案件ではよくある話かもしれませんが、エクスカシーファームは日本国内の案件なのでやはり事前アナウンスすべきだったと思います。参加者への配慮が足りなすぎで信用問題に発展する内容です。

 

私はエクスカシーファームはやっていませんが、仮にエクスカシーファームに参加していた場合、再開されたとしてもすぐに撤退することを考えます。保有しているキャラクターもすぐに売却出来るようにし、新規のキャラクター購入は行わないですね。

 

エクスカシーファームは以前から飛ぶ・飛ばないという意見が交錯していました。

エクスカシーファームの仕組み・本質

エクスカシーファームに限らず、最近高利回りのP2P案件が流行っており、様々な案件がリリースされています。これらの案件の仕組みを考えると、

 

常にアクティブユーザ、案件としてのトータル資産が増えていかない限り続かない案件だということがわかります。

 

月利30%とか40%で運用出来ている人が多いようです。しかし、これらの案件は参加者でお金をぐるぐる回しているだけなのでお金と参加者が増え続かない限り終わりです。

 

これらのP2P案件には事業収益がないのです。

 

正直いうと、今回の緊急メンテナンスでエクスカシーファームが飛ぶとか飛ばないとかそういう問題ではないです。いずれ終わる時がきます。今回、長期の緊急メンテナンスの案内が来て、そろそろかな・・・と思いました。

 

もちろん続く可能性もあります。しかし、また同様の動きをしてくるのが目に見えています。

 

運営の説明では、バグが多いための修正対応や取引所、中国への市場開拓に向けての対応と言っていますが、半信半疑で完全に信用出来る内容ではありません。

 

今後のロードマップで最終的には、キャラクター全てを5,000億円で買い取ります、信じてください!ということを発言していましたが、これも信用するのは難しいです。「信じてください」の発言が余計に怪しい・・・。

 

いずれにしてもエクスカシーファームや類似のP2P案件の仕組みを考えれば永続的な運用は厳しいと言わざるを得ません。

 

当然初期に参加した人や、案件が回り続けているときは稼げます。

 

しかし、いつ資金繰りが悪化するのか、それを予測するのは非常に難しく、大きく資産を失うリスクが高いのです。

 

高利回り案件で確認すべきことは、

 

・利回り以上の事業収益があるのか

・人を集める意味があるのか

 

これらの要素がクリア出来ないかぎり参加すべきではありません。

 

利回り以上の収益があるか、人を集める意味があるのか・・・、

これをクリア出来る案件はそうそうありません。

 

→トップページへ

 

おすすめの記事