お問い合わせからCCN(コスモスクラブネットワーク)はどうですか?と言う質問を受けましたのでCCNについて取り上げてみたいと思います。

 

これは私の考えですが、

 

「微妙・・・」

 

悪くはないけど、良くもない・・・、

これが私の結論です。

 

CCNは、出資者から集めたお金で暗号通貨COSMOS(ATOM)のバリデートを行い、得た報酬を参加者に分配する、要は参加者みんなでCOSMOSを応援しましょう、そしてみんなで豊かになりましょうという意味合いで立ち上がったプロジェクトだと思っています。

 

COSMOS自体は非常にいい暗号通貨です。

 

オープンソースで簡単にブロックチェーンをつくれ、処理速度も高く、異なるブロックチェーン同士の相互接続も可能にしています。

 

取引所がなくてもCOSMOS上で暗号通貨の交換が出来るのでCOSMOSは超高性能なプラットフォームであり、将来的にも価格は上がっていくと思います。

 

それなら、COSMOSを応援するCCNは良いかというと、良いのかもしれませんが私としては気になる点が2つあります。

 

まず1つは、

投資額の2〜4割が紹介報酬や運営費の原資として使われること。

100万投資するなら実際のATOMは60万〜80万円となり、ここからバリデート報酬を得られるようになります。

 

MLM形式の紹介制になっているので、プロジェクトを健全に運営していくためには運営費が必要なので分からなくもないのですが、COSMOSのバリデートは自分でも参加出来るのでCCNに入ってまでやる必要はないのかなと思っています。

 

そして2つ目は、「MOLD」の存在です。

MOLDは、ゲームをテーマにした暗号通貨です。

CCNに参加するとMOLDベーストークンのleptonを貰えるのですが、私はこのMOLDというのがかなり引っかかっています。

 

というのも、MOLDは2018年4月に海外暗号通貨取引所のHitBTCに上場しています。しかし、価格が大暴落し上場廃止となりました。

 

当時は、ICOした暗号通貨が軒並み下落したのでMOLDも巻き込まれてしまった、といのもあるとは思いますが、一度ポシャった暗号通貨がなぜCCNで配布対象に組み込まれているのかは非常に引っかかります。

 

当然、CCNとMOLDの開発チームが絡んでいることだとは思いますが、一度黒歴史があるものは私はかなり警戒するのでMOLDの存在は見逃せないですね。

 

MOLDはおまけで貰えるという気持ちで参加するのであれば気にならないかもしれません。でも、もしかしたら、ピンハネされる手数料の一部がMOLD開発チームにまわされてるかもしれないのでやっぱり微妙ですよね。

 

MOLDに関しては、アンゴロウ氏が過去の動画で解説されているので見ておいた方が良いと思います。結構な黒歴史です。

 

COSMOS自体は非常に素晴らしい暗号通貨です。

しかし、CCN(コスモスクラブネットワーク)に参加してまでバリデート報酬を貰うのはどうかと思います。現時点ではCOSMOSは日本の暗号通貨取引所に上場していませんが、少し暗号通貨を勉強すればCOSMOSは購入できますし、自身でステーキングも行えるようになります。

 

2〜4割も運営費も持っていかれてまでCCNに参加するのはどうかな・・・、MOLDの存在もあるし・・・。

 

という理由で、CCN(コスモスクラブネットワーク)は微妙です。

 

→トップページ

 

おすすめの記事