プランスゴールドがかなり盛り上がっていますが・・・、

私は、最後のお金集めをしている!

怪しい度MAXで飛ぶ準備に入っていると断定しています。

 

本当にこんな詐欺案件に騙されないで欲しいのですが、

どうしても利回りが魅力的ですし、これまでもちゃんと出金出来ているからどうしても信じたくなってしまいますよね。

 

だって、ちゃんと出金しないとプランスゴールドがホンモノの案件だと信じてくれないですからね。信じ込ませるために出金ちゃんとしますよ。

 

そして、信じ込ませた後に本当のお金集めをして飛ぶ!

特に暗号通貨系の詐欺案件は毎回同じパターンです。

 

月利15%〜20%、2020年8月に募集したコモディティアービトラージは月利45%ですからね、絶対無理な運用利回りですが、もうプランスゴールドやっちゃってる人は、ビジネスの感覚が完全に麻痺してるのでわからなくなっています。

 

月利45%なんて無理ムリ、絶対にムリですよ。

普通に考えればわかるのに・・・、収益性の高さに加えて友達にも紹介したら報酬がさらに貰えるから楽しくてたまらないのでしょう・・・。

 

しかし、プランスゴールドも最終段階に入っています。

 

2020年7月には180日ロックのセキュアモード、

 

2020年8月は、月利45%のレバレッジ5倍コモディティアービトラージ、

コモディティアービトラージは2020年9月末まで資金ロック、

 

そして2020年9月は月利月利27%のレバレッジ3倍コモディティアービトラージ、

2020年9月末まで資金ロック、

 

さらに2020年9月から「トレーディングクレジット」という新たなキャンペーンを追加してきました。

 

トレーディングクレジットは、5000ドルの新規入金でコモディティアービトラージの権利を有する、直紹介者が10000ドルの新規入金で同額のコモディティアービトラージの権利を有するというものです。

 

トレーディングクレジットで受け取った権利は出金は出来ないですが、例えば5000ドルのトレーディングクレジットであれば、月利9%分の利益をもらえるというものです。

 

トレーディングクレジットの権利は、新規入金分、もしくは直紹介者の入金分が出金された時点で解消されるというものです。

 

これはすごいですね〜ぇ・・・。

でもコレ、なんのためにやってるのかというと、出金されるのを防ぐためにやってるだけなんです。お金を集めても出金されたら減っていきますからね。

 

プランスゴールドが一番恐れているのは出金されること、これをなんとか防ぎたい。

だからトレーディングクレジットというキャンペーンを打ち出してきたと考えるのが妥当な考え方だと思います。

 

だって、お金順調に集まってるんだからわざわざ収益を吐き出すようなキャンペーンやる意味ないじゃないですか、普通に考えたらトレーディングクレジットなんてやる意味がない、自分たちの収益をわざと減らしているおバカなキャンペーンです。

 

なぜやるのか・・・、

出金を防ぐ以外考えられない。

 

こんなお得なキャンペーンでさらにお金を集める、

そして出金をなるべく防ぐ・・・。

なるべく多い資金を抱きかかえたまま飛ぶ!!

 

こんなシナリオだと思います。

 

プランスゴールドはものすごい被害者を生み出す詐欺案件だと思います。

紹介してる人は紹介報酬で儲けまくってるからどうでもいいのですが、お友達、親友を信じてお金を出した方は気の毒です。その被害額は計り知れないです。

 

今までの詐欺案件も飛んでますし、高利回りのアービトラージ案件は漏れなく全て飛んでいます。

 

プランスゴールドの運営は、あとはどれだけ資金を集められるか、このことだけを考えてるのではないでしょうかね。

 

いよいよ総仕上げって感じです。

2020年9月末から10月にかけてかなり怪しい動きをしてくると思いますよ・・・。

 

→トップページ

 

おすすめの記事