プランスゴールド、相変わらず流行っていますね!

 

私は、プランスゴールドは99%飛ぶと思っていますので完全に否定的な意見をこのブログでも書いていますし、やらない方がいいと注意喚起をしています。

 

残念ながら、問い合わせはプランスゴールドに関する質問が多いです。

 

その中で、「プランスゴールドが飛ぶ明確な理由、根拠を教えてくれ」

 

と言われたのですが、私が回答したのは・・・

 

飛ぶ明確な根拠はありません。

逆にこれからも続く明確な根拠はありますか?

 

ときいてしまいました。

投資の世界で絶対はありません。

ただ、これまでの類似案件や投資の一般常識から考えプランスゴールドは危険だと言っているのです。

 

過去の高利回りのアービトラージ案件で生き残っているものはありません。

 

プラストークン 、ICBウォレット、WoToken、ブロックエコ、Weenzee・・・、

私の知っている限り全て飛んでいます。

 

過去の実績から見て生き残りがないのにプランスゴールドだけ特別に生き残る理由はないでしょうね。それと、

 

①暗号通貨案件

②高利回り

③紹介がMLM形式

④事業収益が金融系(アビトラ、自動売買等)

⑤元金の引出しができる(元金償却型ではない)

 

この5つの条件が揃っているというのはリスク、危険度は最大級です。

 

プランスゴールドがしっかり収益を上げている派の意見として以下の説明があります。

参加者への収益分配は利益全体の30%とのことです。

トレード収益30%が月利15〜20%に相当するというのであれば、プランスゴールドは1ヶ月で50%もの利益をたたきだしていないといけないということになります。

 

アービトラージで月利50%・・・。

ハッキリ言ってありえないですね。この説明は嘘、デタラメ、ありえない説明です。

 

それと、多数のメディアに掲載されていると言ってますけど、これまで飛んでった案件もメディア掲載されています。

それでも飛んでいます。

 

なので、メディアに掲載されたからと言って信用出来る会社というのも過去の経験から裏付けとしては弱すぎますね。

 

アービトラージの配当型ウォレット、プラストークンも飛ぶ前は本当に盛り上がっていましたし人気がありました。

 

プラストークンやらないなんてありえない!

毎日増えていくし出金もちゃんと出来る!

神案件だ!!

 

本当に前向きな意見しかありませんでした。

イベントも開催するたびに大盛り上がり!

 

しかし、それでも飛びました。

その後は、本当に悲惨で被害者の会を結成するほどです。

 

飛ぶ前と飛んだ後では全くその案件の見る目が違います。

今のプランスゴールドは、今まで飛んで言った案件の一番盛り上がっている時を見ているかのようです。

 

いずれにしても、私はプランスゴールドは2020年9月後半から10月にかけてがかなり危険な時期だと思います。

 

9月末に、資金ロックをかけたセキュアと月利45%コモディティプランの資金を持ち逃げしてすぐに飛ぶか10月も少し運用して飛ぶかのどちらかになる可能性が非常に高いと予想しています。

 

10月以降続いてもかなり怪しい動きをしてくると思いますね。

月利45%が2ヶ月、3ヶ月も続くとは到底思えない・・・。

 

→トップページ

 

おすすめの記事