日本で唯一Filecoinマイニングに参加出来る株式会社SIGOOTが販売するFilecoinマイニング参加募集第2期が2020年7月14日にスタートします。300ユニットの限定販売なのでなくなり次第終了となります。

 

私は、2020年6月末までの第1期募集に参加しましたが、今回、第1期と同じ価格設定での販売となるようです。マイニングマシン需要の増加からおそらく3期募集は価格アップするのは確実とのことです。なので、いち早く申し込みした方が良いですね〜(早い者勝ちです!)。

 

最少投資額9万8000円、一生モノの資産となるFilecoinマイニングに是非ご参加ください。私は、Filecoinこそが2020年に保有すべき暗号通貨だと思っています。

 

期待度が高いFilecoinマイニングに是非ご参加ください。

Filecoinマイニング第2募集概要

日本で唯一Filecoinマイニングに参加出来る株式会社SIGOOTのマイニングプランは以下の通りです。尚、全て1年間の契約期間となります。

Filecoinマイニングプラン
・スタータープラン(1.6TiB) 118,800円
・スタンダードプラン(4TiB) 297,000円
・プレミアムプラン(16TiB) 1,188,000円
・クラウンプラン(32TiB) 2,376,000円
・プライベートプラン(82TiB) 5,940,000円(2.5%おトク)
・ファウンダープラン(168TiB) 11,880,000円(5.0%おトク)

 

第1期と据え置きの料金設定になってます。第3期では料金アップするのは確実なので第2期までに参加された方が良いかと思います。第1期との違いは、プライベートプランとファウンダープランが追加されたことです。こちらは大口向け、法人向けの方向けのイメージですね。

 

お申し込み後、約1ヶ月半後にマイニング報酬が貰えるようになりFilecoinのメインネットが2020年8月20日予定なので第2期の募集ではメインネット直後からマイニング報酬が貰えるようになるかと思います。

 

こちらのマイニングプランはプールマイニングですので、ご自宅にマイニングマシンが届いてご自身で設定してやるとかそういった類のモノではありません。完全にお任せのマイニングプランになります。

 

ちなみにFilecoinの運営母体のProtcolLabも早期に参加してくれた方には多くのマイニング報酬を付与すると言ってますので本当に早いうちにご参加された方がいいと思います。参加者の増加と同時に貰えるFilecoinは減っていきます。これぞ先行者利益!

 

私は、この案件を聞いた瞬間に迷わず第1期で申し込みしました。報酬貰えるのがメインネット前になりそうなので本当に早く決断して良かったと思います。1期の募集に間に合わなかった人で後悔されている方も非常に多いです。

 

今回の第2期募集を逃してしまうと次は3期募集でマイニングプランの料金も上がると思います。しかも貰えるFilecoinの枚数も減っていきます。

 

Filecoinマイニングの1期、2期の参加でどれぐらいのFilecoinの枚数が貰えるのか、確かなことは言えませんが、私の感触としては、一番安価なスタータープラン(9万8,000円)でも100〜150枚は貰えるのではないかなと推測しています(あくまで私個人の予想です)。

 

Filecoinは先物市場で既に2,000円前後の価格なので20〜30万円の価値になると思います。しかも、Filecoinの需要は今後どんどん上昇していくと思いますので3年後、5年後が楽しみです。最終的には5桁、6桁とかとんでもない価格になると思っています。

 

Filecoinは、イーサリアムを超えるほどのビッグプロジェクトだと言われていますので目が飛び出るほどの価格まで上がってもおかしくない。私は。2020年内に時価総額トップ10に入ってもおかしくないと思っています。

 

なにしろ、今後5GやIOTの発展でデータ容量が莫大に増えていきます。コンピュータの計算能力や通信速度は上がっていくのにデータ容量は不足していきます。既存の中央集権のデータ管理ではコストも上がっていくのでパンクするのは目に見えています。

 

この問題を解決するのがIPFSとブロックチェーンを融合させた暗号通貨であるFilecoinです。このとんでもない将来性のあるFilecoinのマイニングに参加するのか、それとも指を加えて見ているだけか・・・。これはやるでしょ!

 

非常に有望なFilecoinマイニングに是非ご参加ください。

 

 

おすすめの記事