私が以前登録していたあるLINEグループからウィンザーマスターという高配当型ウォレットの勧誘がありました。よく調べてみると、現在勧誘活動が活発に行われている案件です。

 

配当型ウォレットは2019年に終わった印象があったのですが久しぶりに配当型ウォレトの勧誘がありましたのでどういうものか調べてみました。

高配当型ウォレット:ウィンザーマスターとは?

ウィンザーマスターのざっくりした概要は以下のとおりです。

 

・月利5〜20%

・最低投資額 100ドル〜

・ロック期間なし

・複数アカウントOK

・直紹介報酬 100%

 

ウィンザーマスターを紹介している人のグログやYoutubeを見てみるとだいたいこの5項目は言っています。そして、ウィンザーマスターの前身はYoubankからMunics bankとのことです。Youbank→Munics bankを経てウィンザーマスターになったとのこと。

 

このように名前を変えている時点でウィンザーマスタは相当ヤバイ案件だなと思えてしまいます。そして、私はこのような高利回り案件を見るときに一番知りたいのは、事業収益です。

 

ウィンザーマスターの事業収益がなんなのかよくわかりません。紹介している人も事業収益の説明をしっかりしている人はいないですねぇ。高い月利や複数アカウントOK、だから稼ぎやすくて1年複利でまわしていけば余裕で5倍、6倍になるよみたいな・・・。

 

この時点でウィンザーマスターは怪しいしポンジスキームだと思います。

 

Youbankは、カンボジアのインフラ事業が事業収益になっている見たいなので、ウィンザーマスターも同様なのかもしれませんが、カンボジアのインフラ事業って月に20%とか30%も安定的に稼げる事業には思えません。

 

高利回り案件であればあるほど、その裏付けとなる事業収益の根拠が必要になります。残念ながらウィンザーマスターは、毎月紹介報酬も合わせて20%、30%稼げる案件ではないと思いますので私はやりません。

 

最近、ウィンザーマスターの勧誘が多いみたいなので参加される方も、毎月配当を出せるほどの事業収益があるのかしっかりと納得されてから参加するようにしてください。

 

高い月利にただ飛ぶつくのは非常に危険です。

紹介している人は、Youbank時代から1年も続いているし、運営のモンスペースはマレーシアで大企業だから信頼できると言っていますが、これだけだと参加する材料としては弱いかなと思います。

 

高利回りの配当型ウォレットはいつ飛ぶか、出金するのもできるのか常にビクビク怯えながらやらないといけないので安心できる時がありません。ウィンザーマスターに関してもそうです。実際にYoubankやMunics bankもいきなり出金できなくなったという書き込みもありました。

 

高利回り案件は、うまく出金できれば良いですが資金0になる可能性が非常に高いです。こんな高いリスクを背負ってまでご自身の資金を投じるのは危険だと思います。

 

高利回り案件で確認すべきことは、

 

・紹介報酬も含めて参加者への利回り以上の事業収益があるのか

・人を集める意味があるのか

 

これらの要素がクリア出来ないかぎりポンジスキームの可能性が高いです。

 

利回り以上の収益があるか、人を集める意味があるのか・・・、これをクリア出来る案件はそうそうありません。

 

→トップページへ

 

おすすめの記事