今投資するなら間違いなくコレ!
2020年暗号通貨の大型上場Filecon(ファイルコイン)!
時価総額2位イーサリアムを超えます!
IPFS+ブロックチェーン、世界規模の分散型ストレージを構築★

2019年末頃からリリース、上場したリップルアルファイーサリアムエクスプレス !上場してから価格上昇しているとのことですが、私はこの2つの暗号通貨を○○詐欺だと思っています。

 

今回はその理由について解説していきます。

リップルアルファ、イーサリアムエクスプレスは○○詐欺

○○詐欺とは何か・・・。

ということですが、これはあくまで私がそう思っているだけというのもありますが、

リップルアルファとイーサリアムエクスプレスは、

 

ネーミング詐欺です。

 

これはなぜかと言うと、通貨の名前に「リップル」、「イーサリアム」とついていますが、リップルとイーサリアムとは何の関係もないのに使っている、だからネーミング詐欺だと言うことです。

 

例えば、イーサリアムクラシック(ETC)ならイーサリアムからハードフォークして誕生した暗号通貨なのでイーサリアムと関係性があり全く問題ないと思っています。

 

しかし、リップルアルファとイーサリアムエクスプレスに関しては、これらの暗号通貨と何の関係性もありません。それなのになぜこのような名称にしているのかがあまり詳しく知らない人を騙しにかかっているのではないか・・・、と思えて仕方ないのです。

 

ちなみにビットコインボルトというのもあります。これは、「ビットコイン」と名前がついていますが、ビットコインキャッシュやビットコインゴールドのようにビットコインからハードフォークしたものではなく、ビットコインとは全く関係がありません。

 

マイニングシティが、勝手にビットコインの仕組みや概念を勝手にコピー&改良して作った暗号通貨です。

 

ビットコインボルトに関してはこちらも記事の書いていますので興味がありましたらご覧いただければと思います。

 

→ビットコインボルト-マイニングシティ新通貨は期待できるのか?

 

リップルアルファは、リップルとは全く関係がないのですが、技術はコピーしてつくった暗号通貨です。そして、リップルの欠点を補っています。

 

リップルは発行枚数が1000億枚と暗号通貨の中ではずば抜けて発行枚数が多いです。しかし、リップルアルファは、60億枚、機能はほぼリップルと同じです。

 

リップルアルファの日本での販売者は「坂本よしたか」でこの人からでしか購入できないようになっていました。坂本よしたかは評判のよくないインフルエンサーです。

 

イーサリアムエクスプレス(EEX)は、「マイニングエクスプレス」と関連の深い暗号通貨でマイニングエクスプレスと業務提携もしています。

 

マイニングエクスプレスのマイニング報酬もイーサリアムエクスプレスで支払いが行われ、イーサリアムエクスプレスは既に上場もしており、上場初値より価格も上昇しているとのことです。

 

しかし、マイニングエクスプレスのCEOがカルロスという人物で、過去に詐欺案件の幹部として日本でも活動しており多くの被害者が出たという経緯もあります。

 

しかも、その時の対応が悪くイメージは最悪、マイニングエクスプレスとの繋がりがある時点でイーサリアムエクスプレスは相当怪しい暗号通貨だと思っています。

 

リップルアルファもイーサリアムエクスプレスも上場してから価格は上がっています。しかし、このような通貨は運営側が価格操作することも可能です。

 

それにどう考えてもオリジナル通貨を超えるということは長期的な観点から不可能です。リップルアルファ、イーサリアムエクスプレスは、コピー通貨なのでオリジナル通貨を超えるなんて出来ない。

 

しかもリップルもイーサリアムも時価総額2位と3位の通貨なので超えるなんてどう考えても不可能です。リップルもイーサリアムも地位を築いているので超えるなんて絶対不可能!あり得ないことです。

 

リップルアルファ、イーサリアムエクスプレスが今後価格を上げていくのかは正直わかりません。しかし、コピー通貨なのでオリジナルの技術もないしこのような通貨に投資したいという気持ちにもなれません。

 

今後もこう言ったコピー通貨が出てくるかもしれません。そういう通貨も私は一切支持する気はないですね。

 

例えば、ファンが多いADAコイン!ADAコインとは全く関係ないのに、コピー通貨が登場してADAなんとか、というネーミングの暗号通貨が出た時にADAファンの人はどう思うでしょうかね?きっと怒ると思うのですが・・・。

 

関係性のある暗号通貨であれば問題ないのですが、全く関係もないのに思想や技術を完全コピーして名乗る暗号通貨は、今後ネーミング詐欺通貨としてディスっていきます。

 

このような、インチキくさい案件に手を出すよりももっと手堅く稼げる、将来の収益力に期待出来る確かな案件に参加すべきです。

 

それではどのような案件に参加すべきか・・・。

 

私がおすすめする案件を以下の記事に紹介しますので是非ご覧になられてください。

これらの案件とは期待度が桁違いの案件ですので自身を持って紹介致します。

今投資するなら間違いなくコレ!
2020年暗号通貨の大型上場Filecon(ファイルコイン)!
時価総額2位イーサリアムを超えます!
IPFS+ブロックチェーン、世界規模の分散型ストレージを構築★

 

おすすめの記事