今投資するなら間違いなくコレ!
2020年暗号通貨の大型上場Filecon(ファイルコイン)!
時価総額2位イーサリアムを超えます!
IPFS+ブロックチェーン、世界規模の分散型ストレージを構築★

アリエクスチェンジ(Aliexcange)への投資被害者が増加しています。

 

アリエクスチェンジは、仮想通貨の取引所ですが、アーリーシェアで投資された方は150万円程度を出資されたとのことで、被害額も非常に大きいですね。

 

最初は、利益を配当で支払われていたとのことですが、急に配当金が勝手に再投資に回されて出金停止してしまったとのことです。

 

仮想通貨のマイニング案件とかはよくありますが、報酬を出金するのか再投資にまわすのかは、投資者本人が決められることになっています。

 

しかし、アリエクスチェンジは本人の同意なく勝手に再投資に回しています。

 

これはどういう意味なのか・・・、

それは投資者の資金を盗むこと、つまり詐欺案件確定ということです。

 

これは酷いです。アリエクスチェンジは勧誘活動も悪質というかかなり強く押していて、ローンを組んででもやった方がいいと言われて参加した人もいるぐらいです。

 

勧誘する側にも超問題ありの案件です。

そして、アリエクスチェンジの配当自動再投資のあとこんなことがおこりました。

FOINがアリエクスチェンジを買収

2019年12月頃にFOINがアリエクスチェンジを買収すると発表がありました。

 

FOINとは、多くの規制リストに掲載されているFinancial.orgと提携しており、Financial.orgに投資することで月利15%、友人を勧誘すればもっと利益を得られる仕組みで利益実態のないポンジスキーム案件だというのはほぼ確実です。

 

実際にFinancial.orgは金融取引ライセンスを所有していないのにこのような活動をしています。非常に怪しい・・・、そしてFOINは、このような団体と繋がりのある暗号通貨プロジェクトだと言えます。

 

そんな怪しいFOINがアリエクスチェンジを買収することになりました。

そして、ここからが非常に危険なポイントです。

 

アリエクスチェンジに投資していた人は、株をFOINに変換するのに手数料がかかりその手数料はビットコインで支払う必要があったのです。

 

そして、この変換を2019年12月までにしなかったらどうなるか・・・。

アリエクスチェンジに投資していた資金を失います。権利がなくなるということです。

 

何もしなかったら資金が無くなり、FOINに変換したら手数料がかかる。

投資者にとったらどっちも損で究極の選択を迫られたということになります。

 

損をしたくなかったらFOINへの変換を行なうと思います。

しかし、この先のストーリーもつくられていました。

 

それは、FOINの99.9%大暴落です。

 

価格も大暴落前は約35万円の価格をつけていましたが2020年1月2日には最安値の200円まで大暴落!これはかなりヤバイ、仮想通貨市場最大の大暴落とも言えます。

 

これは完全にヤらせです。最初から仕組まれていたことです。

もともとFOINの価格は不自然というか操作されているという悪い噂がありました。

 

アリエクスチェンジとFOINの大暴落は最初から仕組まれていた非常に悪質な詐欺案件だと言えます。アリエクスチェンジは、詐欺案件の中でも最大級に酷い案件です。

 

ちなみに、FOINは暗号通貨の総合サイトのコインマーケットキャップに掲載がありましたが、現在FOINの情報は削除されています。

 

アリエクスチェンジは、1回目ではなく2回、3回と投資者からお金を奪い取る計画をしていました。2回目、3回目はさらに出資しないと資金がなくなると脅迫に近いと言っていいほどの悪質な手口です。

 

本当に酷い・・・、しかし、失ったお金は戻ってこないですし投資は自己責任です。

紹介されて入ったとしてもやると決めたのは自分です。なので、紹介者を責めても仕方ない部分もありますし、裁判をするにしてもさらにお金がかかりますし、失ったお金が戻ってくる可能性は非常に少ないです。

 

私も過去に高利回りの案件で痛い経験をしたことがあるので気持ちは非常に分かるのですが、高い勉強代を支払ったと思って次に活かしていくしかありません。

 

うまい話には必ず裏があります。

なのでしっかりと、高い利回りが払えるだけの事業収益があるのか、お金の流れが見えるほどクリアな案件なのかをしっかり確認しましょう。

 

紹介者自身も見る必要があります。紹介者はその案件に対して熟知しているのか?過去に怪しい案件を紹介していた実績はないか、過去にどのような案件を紹介してきたのか、経歴はどうなのかもしっかり確認しましょう。

 

紹介者が本当に参加者に利益を上げてもらいたいのか、自分だけの利益のために紹介していないかも確認した方がいいですね。紹介者は自分だけが儲かれば良いと思っている人も多く、案件の中身なんてどうでもいいと思っている人もいます。

 

どんな案件でも簡単に投資するのではなくしっかり案件の中身を確認しましょう。利回りが高ければ高いほど、その分その案件が多くの収益を稼げるものでないと必ず破綻します。なので高利回りの案件ほど確認が必要だと言えますね。

 

私も過去に痛い経験をしたことがあるので案件を見る目は非常に養われたと思います。

アリエクスチェンジで被害にあわれた方におかれましては今後このような詐欺案件に騙されないようにしっかりと案件の判断を行うようにしましょう。

 

それではどのような案件に参加すべきか・・・。

私がおすすめする案件を以下の記事に紹介しますので是非ご覧になられてください。

アリエクスチェンジのような詐欺案件とは全然違いますし、将来の期待度が桁違いの案件ですので自身を持って紹介致します。

今投資するなら間違いなくコレ!
2020年暗号通貨の大型上場Filecon(ファイルコイン)!
時価総額2位イーサリアムを超えます!
IPFS+ブロックチェーン、世界規模の分散型ストレージを構築★

 

おすすめの記事